TEL 0261-23-5612

長野県大町市常盤3587-1

お問い合わせはこちら TEL 026-267-2034

長野県長野市中条2626番地

歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、訪問歯科 大町市 にこにこデンタルクリニック 長野市中条 

デンティスト アイ

信濃常盤駅のにこにこデンタルクリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
自費診療でカードが使えます
中条歯科診療所
歯科医師募集中
Mobile Site

受付で配布している「デンティスト アイ」の記事を紹介します

カリエスリスクテスト ~虫歯のなりやすさがわかる~

虫歯はさまざまな要因がからみあって発生します。
治療してもすぐ虫歯になってしまう、何に注意すればいいかわからない・・・そんな人は虫歯の危険度がわかる検査を受けてみるのも一案です。

●どんなテスト?
虫歯は英語で「(デンタル)カリエス」といいます。虫歯のなりやすさの危険度(リスク)を決めるのが、歯からミネラル分が溶けだす「脱灰」と、唾液中のミネラル分による「再石灰化」のバランスです。
口の中が脱灰しやすい環境に傾いていると、カリエスの発生リスクが高くなるというわけです。
そこで、虫歯予防に力を入れている歯科で行われているのが、カリエスリスクテスト。
これは、脱灰と再石灰化のバランスをさまざまな角度から分析する検査です。

検査項目は、
ミュータンス菌など虫歯菌の数
唾液の分泌量
虫歯の原因となる酸を中和する唾液の緩衝能の力
プラーク(歯垢)の量

などです。

もちろん、それぞれの検査項目の結果に応じて具体的な対策をアドバイスしてもらえます。
自分のリスクを知りたい人はもちろん、日ごろから虫歯になりやすいと感じている人にはとくにおすすめの検査です。健康保険がきかないので、医療機関によって、かかる費用は違います。
この点も事前に確認しましょう。

テストはカンタンです!

  • 食生活や歯みがき習慣などをお伺いします。
  • 専用のガムを5分間噛んで唾液を出します。
  • 試薬と唾液を反応させ、虫歯菌の量や唾液の質を検査します。
  • 次回ご来院時に患者様に合った予防法をご提案します。

むし歯の治療 ~ひどくなる前に早めの治療を!~

むし歯の治療は大きく分けて「詰める」、「神経を取る」、「かぶせる」があります。

小さなむし歯などで、歯の一部分がなくなったときに元の形に戻す「詰める」治療を、歯冠修復と言います。これはなくなってしまった部分や細菌に感染してしまった部分を機械的に取り除いて、できた穴に金属や樹脂を詰めて元の形に修繕することです。そのほかにも、歯の中心にある歯髄(一般に神経と呼ばれる歯の中の組織)を守る薬を塗り経過を診て、問題がなければ詰めることも多々あります。

前歯など見かけが優先する場合は、歯の色とよく似た樹脂が使われます。奥歯の噛む面など大きな力がかかるところには、金属を用いることが多いようです。金属にもいろいろな種類がありますが、金合金のほうが適合性が良いとされています。ただし、健康保険の適応外ですので、治すときに尋ねてみてください。

痛くて我慢できないような大きなむし歯は、歯の中の歯髄に炎症があるので「神経を取る」治療(歯の中の歯髄を取り除いて痛みを取り除く)が必要になります。また、むし歯が進行し症状がないまま歯の歯髄が死んで腐敗していることもあります。

そのようなときには、根管治療と言われる根っこの治療をします。結果的に歯を中から養っていた歯髄がなくなるので、歯は枯れ木のようになり、時間がたてばもろくなって割れやすくなります。

そこで一般的には、歯の全体を金属などでかぶせる治療が主体になります(全部被覆冠)。現行の保険制度では、奥歯には銀色の金属冠ですが、前歯(上下の切歯・犬歯)は歯の色をした冠を入れることができます。

健康保険の適応外ですが、奥歯でも白い歯や金冠でかぶせることはできます。長所・短所や費用などは症例ごとに異なりますので、かかりつけの先生とよく相談して決めてください。

新しいむし歯がよくできる、同じ歯の治療が何度も必要になるのはむし歯の再発です。治療後は、むし歯になった原因を確実に取り除くために就寝前の歯磨き、規則正しい生活、メンタルストレスの排除に努めましょう。

むし歯の進行の度合い

C1
前期

自覚症状は
ほとんどない

C2
中期

しみたり、
少し痛むことがある

C3
後期

はげしく
痛み出す

C4
末期

歯の痛みは
鈍くなる

PageTop